雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

眠らない少女を殺したのは水曜日

 くぁ、ねみぃ。
『夏と冬の奏鳴曲』を読み始めました。『ファウスト』と文学フリマで買ったものも平行して細々と読んでます。こういうことを言うのは恥ずかしいので、普段はあまり言いませんが。小説を書きたいです。そして自分の小説について語りたいです。今で言えば、『メタ探偵の憂鬱』に関して。ここが実はこういう伏線になっていてとか、本当はこう書きたかったのだとか。でも、そういうのをやってしまうと、第二話や第三話を読むときに身構えられてしまいそうで、それはそれで困る。ならば、やはり、書くしかないなと思う。とりあえず今までに書いたものが幾つかあるから、それを本にまとめたい。でも編集してる時間があれば、執筆したい。ジレンマだ。
 それはそうと『ひぐらしのなく頃に』が面白そうだ。週末、秋葉原に行く用事があるのでその際、同人ショップを探してあったら買ってこようと思う。なかったら新宿のとらのあなで。行動範囲狭いなあ。