雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

私の優しくない先輩


私の優しくない先輩

私の優しくない先輩

ちーちゃんは悠久の向こう』に引き続き、日日日を読むのは二冊目。事前に“いい話”であると聞いていたので、恋愛物を想定していたのだけれど、ちょっと違っていた。いや、恋愛は恋愛だったのだけれど、もう少し深刻で、読み終わった後、少し溜め息をつくような。『ちーちゃんは悠久の向こう』とどちらが好きかと問われると、断然『ちーちゃん』だけれど。