雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

15年前の町田

あなたを、ほんとに好きだった。 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

あなたを、ほんとに好きだった。 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

 第22回雲上ラジオで話に出して、思い出せなかった小説を、思い出しました。これですね。懐かしい。官能小説家による恋愛小説で、確か★★★とつけた記憶があります。複数の女の子を抱えている後輩に惹かれてしまう女性が主人公で、心の機微がとても描かれているのが記憶に残っています。
 どうして好きになってしまうのか。理由なんてない。仕方がないだろう、と。