雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

733

塔の断章 (講談社文庫)

塔の断章 (講談社文庫)

 まず何よりも優先して言わなくてはならないのは、本書を読むのなら絶対に文庫版でなくては駄目ということ。詳細は伏せるが、手元にノベルス版と文庫版があるのなら、迷うことなく文庫版を手に取って欲しい。
 さて。この作品はただでさえ奇妙な構造をしているのに加え、自分は複数の本を平行して読んでいるので殊更、混乱してしまった。思い返せば確かに多重に張られたミスリードに引っかかっていたし、作者が意図した通りに翻弄されていたように思う。もし一晩のうちに読破していたならば、あるいは他の本に手をつけず本書にだけ集中していたら、きっと数倍もの驚きと喜びを味わえていたのではないだろうかと思う。それは『イニシエーション・ラブ』をはじめ、彼の他の著作にも言えることだ。くれぐれも肝に銘じておくことにしよう、次に乾くるみを読むとき、自分は全身全霊を以って相対しなければならない、と。むしろ、そうしなければ喰われてしまう。