雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

743

夕凪LOOP(初回限定盤)

夕凪LOOP(初回限定盤)

 坂本真綾と言えば菅野よう子と言うように、二人一組という印象が強かったけれど、ここに来て菅野よう子が音楽を提供していない坂本真綾のアルバム。一通り聴いてみて感じたのは、菅野よう子音楽のクォリティの高さ。菅野よう子は秋山の中で民族的な楽曲の紡ぎ手と捉えられている。民族的というのは、他部族や近代化に対する反抗心を持っており攻撃的な面を持っていることを意味する。だからメンタル的に元気がないときに、その曲を聞いてしまうと、あまりのパワーに当てられてしまう。同時にこのアルバムを経ることで、坂本真綾の許容性を感じた。菅野よう子の音楽と言っても、歌い手が坂本真綾でなければ今ひとつ映えないような感じがしていたのだ。あるいは、菅野よう子の攻撃的な色合いを、上手く包み込んだり包まれたりできるのが坂本真綾の能力であり魅力なのかもしれない。勿論、このアルバムにおいても彼女のその力は発揮されている。ただし、音楽が平均的なJポップなので、坂本真綾が歌ってもただのJポップになってしまっていてそこが残念。
 決して悪くはないけれど坂本真綾である必要性に欠いている。