雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

751

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

 読み終えて呆然としてしまった。一体、いつの間に玖渚友は、自分の中でここまで大きな存在となったのだろうか。最後の一ページで思わず泣きそうになってしまった……まあ、それはともかく、えらい変化球が来たと思った。それほど期待せずに読んだ秋山はともかく、西尾維新の熱狂的なファンは、果たしてこの程度で満足するのだろうか――伏線云々ではない。大団円および最終決戦前夜など、今までのキャラクタたちを一堂に会させる絶好の機会だと言うのに。キャラで西尾維新を読んでいた人は、むしろ唖然としたのではないだろうか。世界の終わりや物語の終わりもそうだ。ここに来て、ミステリ的な展開、あるいはメタ的な展開が来ることを少なからず望んでいた読者も少なくはないだろう(ああ、口調が戯言になっている)。まあ、何はともあれ、ようやく終わったと言ったところか。楽しい夢が見れた。
 ところで『ヒトクイマジカル』のアトガキで「ラスボス登場」とあり、その巻では玖渚友がはじめていーちゃんに対し「俺」という一人称を使ったので、もしや完全に死線の蒼となった玖渚友がいーちゃんに対し牙を剥くのではないだろうかと予想したが、そんなことは全然なかった。