雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

759

交換殺人には向かない夜 (カッパノベルス)

交換殺人には向かない夜 (カッパノベルス)

 なにせタイトルで「交換殺人」を高らかに謳いあげてしまっているのだ。これで、額面通り、ただの「交換殺人」がやってきたら、ミステリ読みは怒る。ミステリ読みとはかくも理不尽な存在である――。そんなことを思いながら読んだ本書、感想としては一言、面白いね。
 読み手の心理を逆手に取ったトリックの数々、この魅力的な構図をどう料理するのかと思いきや、いやあ、上手い上手い。解決編における怒涛の裏方解放には、恐れ入った。構造が複雑である分、本ミスやこのミスにおいては『館島』より上位にランクインするだろうと思う。