雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

830

 桜坂洋の代表作であろうシリーズの一作目にしてデビュー作を読んでみた。このシリーズは後半になるほど面白いという評を聞いていたので、一作目は期待できないんだろうなあと思いながら読んでみたところ思っていたより面白かった。確かに、多くの人が言っているようにキャラ造詣は意図的にライトノベル風に作られていて気持ちが悪い。しかし、物語が進むにつれ違和感は少なくなってゆくし、まあ、面白く読めた。デウス・エクス・マキナの代替になっているのであろう、たらいの扱い方や、どう見ても2ちゃんねらーです本当にありがとうございました的なキャラなど、小ネタも面白かった。