雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

844

六とん〈2〉 (講談社ノベルス)

六とん〈2〉 (講談社ノベルス)

 これは酷いバカミスですね。
六枚のとんかつ』に第二作が出ると吉報(?)を聞いて、色めき立ったら、なんとタイトルは『六とん2』。どうして略称なのかと言うと、著者が『六枚のとんかつ』という言葉を口にするのも嫌だかららしい。えー!? しかも、第二作なのに続編は三編、何故か『動かぬ証拠』の続編が四編、そしてノンシリーズが四編。えー!? まあ、でも面白いところ揃いなら読んでもいいかと読み終えたのだが。えー!?
 とにかく叫びたい。声高にして。「えー!? これ、面白い……よ??」と!(註:面白いかどうかは激しく人によります)