雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

853

 意外や意外、面白かった。
 前巻から打って変わって、いきなり主人公がヘタレになっていて驚いたが、バロットが登場してから俄然、面白くなった。やはりライトノベルはキャラありきだ。豪快な性格のチンピラみたいだが、決めるところは決める男キャラ。そして彼と対をなすような冷静な狼の敵。大勢を救う手段としての決闘、そして覚醒。展開事態は「普段は弱いが覚醒したら最強系」なのだが、そこに至るまでの道が丁寧に描けているし、何より熱い。終盤のお涙頂戴には負けてしまったし、次巻以降も期待できそうな引きがあったし、このシリーズは面白いかもしれない。
 しかし、表紙で描かれているキャラの登場頻度が一番少ないのは、どういうことだろうね。