雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

856

災厄の一日―されど罪人は竜と踊る〈3〉 (角川スニーカー文庫)

災厄の一日―されど罪人は竜と踊る〈3〉 (角川スニーカー文庫)

ザ・スニーカー』に掲載された短編五編に書き下ろしを一編加えた連作短編集。「翅の残照」のみ既読。全体的には長編と同じく事件があって、それをアクションで解決するという流れなのだが、「道化の予言」と「禁じられた数字」が面白かった。
「道化の予言」は閉鎖空間の中で殺人事件が起こり、犯人が人狼であることは分かったけれど、誰が人狼か分からないというもの。冒頭で呈された手品が、事件全体の構造を暗喩していて、ミステリ風であることに加え、人狼BBS好きの秋山としてはかなり楽しむことが出来た。
「禁じられた数字」はキャラ小説。今までの作品に登場したキャラを使って会話させているだけなのだが、これが抱腹絶倒。本当、浅井ラボは罵倒悪戯悪意不平不満を書かせれば右に出るものを許さない。何度も笑ってしまった。
 四巻と五巻は共に長編で表紙が似ているけれど、上下巻の関係にあるのかな?