雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

857

 後半はやや退屈だったが、全体に緩急がついて、アクションパートがうまくアクセントになっているので流れるように読むことが出来た。しかし、思ったとおり五巻に続いており物語自体は何とも言えないところで終わっている。
 それにしても、主人公とその恋人の関係が秀逸。実にリアリティに溢れているのだ。確かにこんな主人公だったら、恋人も愛想を尽かすだろうよ。社会的身分のある男に流れるのも分かる。ふたりの関係だけを抽出すれば、充分、ライトノベル以外の領域でも浅井ラボは書けるのではないだろうか。