雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

859

追憶の欠片―されど罪人は竜と踊る〈6〉 (角川スニーカー文庫)

追憶の欠片―されど罪人は竜と踊る〈6〉 (角川スニーカー文庫)

ザ・スニーカー』に掲載された四編に書き下ろし一編を加えた連作短編。
 ついに面白い! と叫べるほどに面白くなってきた。
 実にドラマと問題提起に溢れているのだ。今までのバトルシーンやアクションシーンは、難解な物事を力技で解決しようという雰囲気だったが、ここに来て戦うことに現実味が出てきた。と言うか、争いは悲しみと憎しみしか生まないのだね……。
 また、普段はライトノベルを読まないSF読みの人が、このシリーズだけは読んでいて、ようやくその人がこのシリーズを追っている理由が分かった。アンドロイド問題や宗教問題、自己犠牲に戦争……SFかもしれない。
 最高に気に入ったのは「覇者に捧ぐ禍唄」。特に94ページから105ページまでの展開が至上。その後の展開には思わず「なんてことだ……」と呟いてしまった。人はどうしてか弱く、不安を感じてしまう存在なのだろう。