雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

861

 主人公その他の内面描写にページを割きすぎているから、展開が冗長で、物語が遅々として進まない上に、一冊でひとつの物語が終わっていない。しかも前巻の引きを放り投げてるし……伏線を忘れないうちに続きを読もうと思ったけれど、これはもう四巻以降は読まないだろう。プルートとキサラがちょっとだけいいキャラだったけれど、物語を牽引する程の力は持っていない。残念。