雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

863

 三田誠は複数のレーベルで複数のシリーズを展開しており、かなりの腕前を持ったライトノベル書きと見て手に取ってみたのだが、びっくりするほどステレオタイプなドタバタコメディで逆に驚いた。主人公はヘタレなのにモテ体質で、彼の身内は全員なんらかの能力を持っていて、変身すると強くなり、設定だけでお腹いっぱい。物語もステレオタイプにステレオタイプを重ねたもので残念。
 一通り他のシリーズも読んでみようと思っていたけれど、とりあえず代表作であると思われる『レンタルマギカ』を見て検討したいと思う。