雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

866

座敷童にできるコト (電撃文庫)

座敷童にできるコト (電撃文庫)

 第11回電撃小説大賞の大賞受賞者による売れ線を狙ったであろうの一作目。古臭さを感じるイラストに古臭さを感じるロゴ、古橋秀之の『タツモリ家の食卓』みたいな感じかなあと読み出してみたら、そうでもなかった。基本は超能力系学園ドタバタコメディなのだが、そこは大賞受賞者の誇りか、ステレオタイプに陥ることなく、上手く新しい目の要素を取り入れている。具体的には『学校を出よう!』や『悪魔のミカタ』。メインヒロインであろう未麟は元より、アクの強い電波系キャラが何人も登場し、ぐいぐいと物語を引っ張っていくのがやはり魅力だろう。そして主人公が主人公とは思えないぐらい手抜きイラストで、その平凡っぷりが十全に発揮されているのが笑える。
 しかし、最も味のあるイラストがイラストレーターの後書きとはいかに。