雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

870

疾走!千マイル急行〈上〉 (ソノラマ文庫)

疾走!千マイル急行〈上〉 (ソノラマ文庫)

 うーん、面白くない……。
 列車を舞台にした小説は『TRAIN+TRAIN』『バッカーノ』『アリソン』とライトノベルでしか読んだことがなかったが、そのいずれも面白かった。限定的とは言え、閉鎖環境内で繰り広げられる人間ドラマと旅をしている感じが好印象。本書はどうかと言うと、今ひとつ。列車好きは楽しめるのであろうトリビアがちょっと多いのと、何処で盛り上がればいいのか今ひとつ分からない展開に、そして妙にライトノベルが意識されているキャラクタ作り。ローラインなんて、ツンデレのテンプレート。下巻に期待。