雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

872

ライトノベル☆めった斬り!

ライトノベル☆めった斬り!

 想像していたのとはちょっと違っていた。めった斬りにしていると言うより、「ライトノベル30年史」と称し、ここ30年のライトノベルに繋がっていそうな作家や作者を、ふたりが思い思いに話し合っているというような感じに近い。楽しみ方としては、「ああ、こういう本があったねえ」と、二人の思い出語りに頷くことだろうか。秋山の場合、PART3の1990年代の半ばぐらいから、題名しか聞いてことのない本から読んだことの本の語りに変わったので、そこから楽しむことが出来た。
 重宝すべきは1978年から1999年までのブックガイドではないだろうか。いかなる経緯を経て、現在のライトノベルに繋がっているか、その流れが見て取れる。
 公式サイトにて各種データが公開されている。
http://homepage3.nifty.com/alisato/lameta/