雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

950『プリズム』

プリズム (創元推理文庫)

プリズム (創元推理文庫)

 構造美とでも呼べばいいのか、終着駅のない路線を推理という名の列車が駆け抜けてゆくような作品だった。著者の意図はわりと早い段階で読むことが出来たので、推理に瑕疵がないかであるとか、主人公の行動に不自然なものはないかといった、ミステリとしての完成度を確かめるように、吟味しつつ読んだ。結果、驚きを得ることは出来なかったが、狙い済ましたかのように物語がきれいに着地するのには思わず手を叩いた。しかし、連城三紀彦だったら、本書と同じ挑戦を短編でやってのけそうだな、むしろ既にあるのではないだろうかなどと思っている自分がいて少し残念。