雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

953『背の眼』

背の眼 (GENTOSHA NOVELS―幻冬舎推理叢書)

背の眼 (GENTOSHA NOVELS―幻冬舎推理叢書)

 第5回ホラーサスペンス大賞、特別賞受賞作。
『向日葵の咲かない夏』を先に読んだからだろうか、期待して読んだのだが、それほど面白くなかったというのが正直なところ。多分に京極夏彦的で、狙い済ましたかのようなミステリで、よく出来ているとは思うが、『向日葵の咲かない夏』を読んだときに感じた先鋭さを感じることは出来なかった。似たような設定で書かれた『厭魅の如き憑くもの』を読んだときも思ったが、やはり作家の類が山奥を訪ねそこで怪奇に遭遇するというありがちな展開ならば、本気で恐くなるような筆致――リアリティが求められる。