雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

957『εに誓って』

εに誓って (講談社ノベルス)

εに誓って (講談社ノベルス)

 最近の森博嗣にしては面白かったと評を聞いていたのだが、まさにその通り。読み始めてすぐに、どういうトリックが仕掛けられているかは大体、読めてしまうのだが、バスジャックという緊迫感あるシーンを描いているので、ほどよい緊張感を保ったまま最後まで一気に読むことができた。どうしてシリーズ名がQシリーズから、Gシリーズに変わったか疑問だったのだが、本書において海月及介はそれほど重要な位置にいないので、つまりはそれが理由なのかもしれないと思った。犀川、萌絵、海月、探偵役が多すぎる。