雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

967『荒野の恋 第二部』

荒野の恋 第二部 bump of love (ファミ通文庫)

荒野の恋 第二部 bump of love (ファミ通文庫)

 前作は世間知らずの少女らしさを前面に押し出しすぎていて、やや「こんな女の子いるのか? いたのか?」と思わないでもなかったが、今回はそれほど鼻につくでもなく面白く読むことができた。まあ、全三作の二作目という位置づけに加え、桜庭一樹なのでそれほど心配もなく、肩の力を抜いて読み、相応の楽しみを得ることができた。
 ところで、言葉選びが奈須きのこに近いように感じた。森博嗣らしさもある。気のせいかな?