雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

968『狂い咲く薔薇を君に』

 うーん、残念だが、やはり竹本健治は肌に合わない。会話文と地の文の両方が苦手なのだ。どちらか片方だけならまだしも、両方を受け付けないということは、一冊丸ごとが駄目というわけで、今回も「警察はこんなことしない」「こんな口調の人間はいない」「なんだこの持って回った嫌味な言葉選びは」などとブツブツ呟きながら読んでしまった。
 表紙がライトノベル風で、裏表紙に「痛快学園本格ミステリ決定版」とあったので、もしかしたらと期待を抱いて読んだのだが……残念極まりない。