雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

1204『ちくま日本文学全集 002 寺山修司』

寺山修司 (ちくま日本文学全集)

寺山修司 (ちくま日本文学全集)

 今までに読んだいかなる灰色より灰色。もし『ファウスト』に寺山修司の詩が一篇でも掲載されていたならば、佐藤友哉滝本竜彦が有していた灰色は、一瞬にして色褪せてしまっていただろうと思う。