雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

1206『ちくま日本文学全集 003 宮沢賢治』

宮沢賢治 (ちくま日本文学全集)

宮沢賢治 (ちくま日本文学全集)

 これは悲しみを知るひとによる物語だから、安易に「面白い」と言ってはいけない。そういう鬼気に近いものを感じた。