雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

結局のところ『不気味〜』ってノベルス?ハードカバー?

 西尾維新によるミステリきみとぼくの壊れた世界の続編不気味で素朴な囲われた世界が近々、刊行されます。
 しかし、講談社ノベルスのページで刊行が予告されていたり、講談社BOXファンクラブ会員限定イベント「KOBO総会」参加者のレポートではハードカバーだと書かれていたり、情報が錯綜気味です。結局、ノベルスなの? ハードカバーなの? と疑問に思っていたのですが、どうやら両方で出るようです。
きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス ニJ-)
きみとぼくの壊れた世界不気味で素朴な囲われた世界
 左上の『きみとぼくの壊れた世界』は4年前に刊行されたノベルス版です。今回、続編の『不気味で素朴な囲われた世界』の刊行に併せて、ハードカバーで復刊する様子です。
 そして『不気味で素朴な囲われた世界』はノベルス版で刊行すると同時に、ハードカバー版も同時刊行する模様です。
 ノベルス版の『きみとぼくの壊れた世界』を持っている秋山は『不気味で素朴な囲われた世界』もノベルス版で買おうと思っていますが、表紙を見る限り、どうやらハードカバー版の『きみとぼくの壊れた世界』と『不気味で素朴な囲われた世界』は対になっているようです。あまり多くは刷っていないでしょうから、今から読み始めようと思っている方は、やや値が張りますけれど、ハードカバー版で揃えてみてはいかがでしょうか? 特に『不気味で素朴な囲われた世界』に関して言えば、ハードカバー版の方がノベルス版より3日早く発売するらしいので、少しでも早く読みたいという方には、ハードカバー版がオススメです。