雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ハルヒと学校はどちらが面白いか

 かつて、大型新人と称された谷川流は、ふたつの看板シリーズを持っていました。角川スニーカー文庫電撃文庫から同日刊行された涼宮ハルヒの憂鬱学校を出よう!です。

ハルヒシリーズ 発売日 学校シリーズ 発売日
涼宮ハルヒの憂鬱 2003年06月 Escape from The School 2003年06月
涼宮ハルヒの溜息 2003年10月 I‐My‐Me 2003年08月
涼宮ハルヒの退屈 2004年01月 The Laughing Bootleg 2003年10月
涼宮ハルヒの消失 2004年08月 Final Destination 2004年03月
涼宮ハルヒの暴走 2004年10月 NOT DEAD OR NOT ALIVE 2004年09月
涼宮ハルヒの動揺 2005年04月 VAMPIRE SYNDROME 2004年10月
涼宮ハルヒの陰謀 2005年09月
涼宮ハルヒの憤慨 2006年05月
涼宮ハルヒの分裂 2007年04月

 上記表をご覧いただければお分かりのように、当初は『ハルヒ』と『学校』、両シリーズはバランス良く巻数を伸ばしていっていました。しかし、2004年10月の『学校を出よう! 6 VAMPIRE SYNDROME』を最後に学校シリーズは続きが出ていません。そしてハルヒシリーズは順調に巻数を重ね、『涼宮ハルヒの憂鬱』はアニメ化され、大ヒットし、今や谷川流は「ハルヒと学校の谷川流」ではなく「ハルヒ谷川流」です。
 2003年のデビュー時より谷川流を追い続け、しかもどちらかと言うと『学校』シリーズの方が『ハルヒ』シリーズより面白いなあと思っていた秋山にとって、この結果は残念でなりません。
 と言うわけで、今日は「え、谷川流って『ハルヒ』の作家だろ?」と思っている方に「『学校』シリーズという面白いシリーズもあるんだぜ!」というようなエントリを書こうと思ったのですが、その代わりにid:sangencyayaのアイヨシさんのプチ書評を紹介いたします。

 上記エントリ群は、SF読みのアイヨシさんが、『学校』シリーズをフィリップ・K・ディックと比較検討しつつ分析しようという5日間連続企画で、本日がその最終回なのです。どのエントリも非常にレベルが高く、SF読みならではの指摘と含蓄に溢れています。特に平行世界をテーマとしている4巻のプチ書評は気合が入っていて読み応えがあります。
ハルヒ』は好きだけど『学校〜』は読んだことがないという方、これを機会に『学校を出よう!』を読んでみませんか? そして一緒に「学校を出よう! の7巻まだー?」と、どんびりをチンチンする一員になりましょう!

追記

 6日間連続企画で、今日が最終回だったようです。失礼致しました。