雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

落ち着け……虚数を数えて落ち着くんだ……

みすてぃっく・あい(ガガガ文庫 い 3-1)

みすてぃっく・あい(ガガガ文庫 い 3-1)

 なんだかすっかり地雷原と見なされてしまった感のある小学館ライトノベル大賞ですが、一柳凪『みすてぃっく・あい』は、ちょっと驚いてしまうぐらい傑作でした。言うなれば『虚無への供物』のリリカル・ミステリー版。デビュー作となる本書はやや薄味ではあるけれど、書き続けていってくれたらライトノベルにおける幻想ミステリの旗手になりえるかも。今後、注目していきたい新人。以下、感想抜粋。全文はこちら

 それにしてもこういった幻想色の強いミステリは大歓迎。これがどうして期待賞なのだろう、ガガガ賞……は無理でもせめて佳作だろうと思う。女の子も可愛いし、絵師にも恵まれているし、著者にはもっと書いてもらいたいと思う。これは全力で応援したい。

 以下、この本を読んだ他のひとの感想。

 痛さと選択と受容とをあらわすギミックとしての量子解釈の使い方がとてもおもしろい。伏線、構成がきっちりあって全体としてしっかりそういう話に向かっている。

http://sabomemo-2.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_7d49.html

 登場人物はわずかに4人、200頁と少しというとてもコンパクトな物語ですが、とても読み応えがありました。数学的な伏線・表現・比喩が頻出しますのでその辺りで好みが別れるかもしれませんが(おまけに百合ものですが・笑)、広くオススメしたい佳品です。

http://d.hatena.ne.jp/sangencyaya/20070921

 用意周到に張り巡らされた伏線の数々に驚いた。薄めで子一時間ほどで読み終われそうなこの本にここまで伏線を入れ込めるものなのか。

http://d.hatena.ne.jp/Gen9/20070923