雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

KAWADE MYSTERY 第2期開始!殺し屋稼業も楽じゃない

ダイアルAを回せ (KAWADE MYSTERY)

ダイアルAを回せ (KAWADE MYSTERY)

 カワデ・ミステリ・フェアの応募者全員プレゼントに惹かれてダイアルAを回せ』を買ったのですが、1編読むたびに「ちょwうめぇwww」と口走らざるをえない良作でした。著者は『クライム・マシン』で2006年度このミステリーがすごい!海外部門1位に輝いたジャック・リッチー。仕掛け人はご存知、藤原編集室の藤原義也。藤原編集室がプロデュースする本はどれも面白くていいですね。以下、感想抜粋。全文はこちら

 あんまり一気に読むともったいないし、最後に一捻りある短編ばかりで飽きてしまうので、毎晩、寝る前に1編ずつ読み進めた。贅肉を削ぎ落とし、味も見た目もシンプルしかしシャープに仕上げたものを味わいつつ床につく感じ。

 以下、この本を読んだ他のひとの感想。

 さすがに3冊目のリッチーとなると雰囲気に慣れちゃうな。
 それでも質が高いのは確か。

http://d.hatena.ne.jp/yuminaga/20071007