雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

綾辻・有栖川復刊セレクション第1回配本、怪奇幻想ミステリ

 数少ない苦手な作家、竹本健治による『狂い壁 狂い窓』。復刊セレクションに選ばれていなかったら読まなかっただろうなと思いつつ、解説に目を向けたら東雅夫で驚きました。まず解説に目を通し、やる気が高まったところで「えいやっ」とばかしに本編を読みきることに成功しました。と言うわけで、竹本健治で読了することができたのは、本書で3冊目です。どうして秋山はこんなにも竹本健治が苦手なのでしょう。はあ。以下、感想抜粋。全文はこちら

 本書のメインは怪奇幻想だろう。おどろおどろしい風景を、脳内に描くことさえできればきっと楽しい読書ができたはずだ。