雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

赤江瀑が語る平成の歌舞伎の入門

赤江瀑の「平成」歌舞伎入門 (学研新書)

赤江瀑の「平成」歌舞伎入門 (学研新書)

 歌舞伎はよく知りませんけれど、赤江瀑が好きなので読んでみました赤江瀑の「平成」歌舞伎入門』。入門と銘打っているわりに、テクニカルタームと人名の乱舞で困ったなあと思ったのですが、読み終えてからぴこーん! と来ました。歌舞伎入門ではなく「平成」歌舞伎入門ということだった模様です。以下、感想抜粋。全文はこちら

 正直、能や狂言文楽との違いもよくわからない。いずれ勉強したいとは思っていたが、教師が赤江瀑ならやる気も出るだろうと思い手にとって見た。が、これは今ひとつだった。赤江瀑の歌舞伎に対する愛は十二分に伝わってきたし「かぶく」という概念も興味深く感じたが、肝心の歌舞伎に対する理解はあまり深まらなかった。