雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

学生アリスシリーズ第1弾『月光ゲーム』

月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)

月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)

 実は未読だった有栖川有栖のデビュー作『月光ゲーム』。『女王国の城』の刊行までに読み終えて、一気に4巻まで駆け抜けようと夢想していたのだが、ぼやぼやしているうちに時期を逃してしまった。仕方がないので肩のちからを抜いてのんびり読んだのだが、かえって良かったかもしれない。やはり焦ってなにかに駆り立てられて読むより、落ち着いて読んだ方が面白い。以下、感想抜粋。全文はこちら

 クローズド・サークル内における殺人犯の存在という恐怖もあるのだが、それ以上に噴火による全滅という恐怖もあり、続きが気になって仕方がなかった。それに年齢が近かったためか、思考に馴染むことができたためかは分からないが、語り手の僕こと有栖川有栖にも親近感を抱いた。ミステリやサスペンスの色もあったが、青春小説としても読んでいたように思う。理代への淡い恋心も好ましかったし。