雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

綾辻・有栖川復刊セレクション第3回配本、怪奇幻想ミステリ

 いやあ、怖かった。なんか見知らぬひとの湿った手で全身をまさぐられるような気持ち悪さを内包した小説でした。ある意味、少女小説でもあるので恩田陸桜庭一樹が好きなひとは挑戦の価値あり。170ページと薄いのですぐに読めますし。以下、感想抜粋。全文はこちら

 わずか170ページという短さのなかに計り知れない狂気が押し込められている。修道女を含め登場する人物という人物が、みな狂っているように見えて、ページを繰るたびに「気持ち悪いなあ、気持ち悪いなあ」と呟いてしまったぐらいだ。極めつけは最後の1ページで、このページはもうあまりのおぞましさに全身に鳥肌が立つほど。文章のちからでここまでひとに忌避感を抱かせることができるのは、さすがの一言。