雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

松井優征『魔人探偵脳噛ネウロ』読了記録

5巻

魔人探偵脳噛ネウロ (5) (ジャンプ・コミックス)

魔人探偵脳噛ネウロ (5) (ジャンプ・コミックス)

 いやー、やっぱりネウロは楽しいですね。

6巻

魔人探偵脳噛ネウロ 6 (ジャンプコミックス)

魔人探偵脳噛ネウロ 6 (ジャンプコミックス)

 再読。アヤ・エイジアとの面会シーンが好きです。松井優征はフーダニット、ハウダニットホワイダニットというミステリの基本軸以外の領域で戦うところが好きです。森博嗣に通じるものがありますよね。

7巻

魔人探偵脳噛ネウロ 7 (ジャンプコミックス)

魔人探偵脳噛ネウロ 7 (ジャンプコミックス)

 再読。ネウロVSサイの回、そして笹塚大活躍の回。堪能致しました。

8巻

魔人探偵脳噛ネウロ 8 (ジャンプコミックス)

魔人探偵脳噛ネウロ 8 (ジャンプコミックス)

 噂のHAL編に突入。表紙にアヤ・エイジアがいたのでちょっと再登場を期待したのですが、読者投票で1位という理由だからですか……残念。

9巻

魔人探偵脳噛ネウロ 9 (ジャンプコミックス)

魔人探偵脳噛ネウロ 9 (ジャンプコミックス)

 電人HALってえらく格好の悪いネーミングだと思いましたが、魔人ネウロと対になっているのですね。
 しかし、もう少し詩的な存在になってくれていたら、かなり格好いい敵だと思うのですが、どうしても性格が常識的な人間の延長線上にあって、残念。

10巻

魔人探偵脳噛ネウロ 10 (ジャンプコミックス)

魔人探偵脳噛ネウロ 10 (ジャンプコミックス)

そうこなくては
無防備を倒すのではだめなのだ
一個の知能が
その知恵と可能性のあらん限りを振り絞り
全力で身を護ろうとする抵抗のエネルギー
それこそが我が輩の食糧…
『謎』なのだから

 たいへん素晴らしかったです。不肖、この秋山、感動致しました。

11巻

魔人探偵脳噛ネウロ 11 (ジャンプコミックス)

魔人探偵脳噛ネウロ 11 (ジャンプコミックス)

 HAL編も終了し、久しぶりの単発作品でなんとなく落ち着いた気分になりました。