雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

『遙かなる時空の中で』作家としての近藤史恵

 近藤史恵と言えば、やはりミステリ作家としての印象が強いですが、その一方で恋愛小説も手掛けていますし、『遙かなる時空の中で』のノベライズも初めてではありません。というようなことをid:kim-peace:20071128:p1のコメント欄を見ながら思いました。
 以下、『遙かなる時空の中で』作家としての近藤史恵の一面をご紹介。

小説 遙かなる時空の中で〈2〉

小説 遙かなる時空の中で〈2〉

 と言うわけで、12月にGAMECITY文庫として刊行される『遙かなる時空の中で3 紅の月』は実は、5作目だったのです。今まで単行本で出していたのを、時勢を見て文庫本に切り替えただけ、というのが真相だと思われます。
関連エントリ:近藤史恵、ライトノベル新レーベルから新刊発売予定