雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

学生アリス第3弾は究極のフーダニット!

双頭の悪魔 (創元推理文庫)

双頭の悪魔 (創元推理文庫)

 真相が明示された瞬間、思わず全身が震えました、有栖川有栖『双頭の悪魔』。『女王国の城』に着手する前にシリーズを追っておくかと思って読み始めたのですが、ここまで読んで本当に良かったです。評判が高いのも納得の傑作でした。以下、感想抜粋。全文はこちら

 正直なところ「長いなあ」と思いながら読んでいた。著者自身、読者への挑戦状において「長過ぎるこの物語」と言っているぐらいで、もうとにかく長いのだ。しかも、この長さのわりに殺人が3回しか起こらず、ページはほとんどが推理と検証に費やされている。いくらなんでも冗長ではないかなと思っていたのだが、真相が明かされた瞬間に不満はすべて解消された。この真相を論理的に構築するためなら、この長さも止むを得ないものだろうと納得できたからだ。いやあ、面白かった。