雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ライトノベルで数字の稼げる作家って誰がいる?

 数字を見込める作家、というと、榊とか日日日が連れて来られそうで困る。いや、日日日を連れてきてもこまらないけど、榊を働かせすぎるとポリ赤の新刊が出ないので困る。作家に、榊、日日日冲方、本田、築地。イラストに、のいぢ、山本、とつれてくれば、どっかでみたようなレーベルがつくれるかも。

 榊一郎日日日冲方丁築地俊彦ならある程度、数字が見込めるかもしれませんが、本田透では厳しいでしょう!
 と思ったのですが、よくよく読んでみたら「どっかでみたようなレーベルがつくれるかも」と言っているだけであって、特に数字には言及していませんでしたね。
 で、改めてライトノベルで数字の稼げる作家を考えてみたのですが、これが中々に難しい。エンターテイメントだったら、今だったら東野圭吾と即答できるのですが、ライトノベルとなると話は別です。と言うのも、どうやらライトノベルにおいては作家単位よりもシリーズ単位やキャラクタ単位で捉えられるケースが多いからです。
 それは例えばハルヒを見れば一目瞭然で、涼宮ハルヒで検索してみると3,530,000件もヒットするのに対し、谷川流で検索すると僅か532,000件しかヒットしません。したがって、首尾よく谷川流を引っ張ってこれたとしても、それで安易に部数が稼げるというわけでもないと思います。
 だからと言って数字の稼げるキャラクタを考えよう! となるとハルヒとかシャナとかになりそうなので、ここは敢えて作家に限定して考えてみたいと思います。
 そんな感じで以下、秋山の考える五大数字の稼げる作家。

奈須きのこ
乙一
秋山瑞人
田中ロミオ
深見真

「作品名よりも著者名の方が有名そうな作家は誰だろう」と頭のなかで念じながら思いついた5人を挙げてみましたが、何て言うか、見事にバラバラですね。
 後、挙げてみてから共通点に気がついたのですが、深見真以外の4人はライトノベル以外のジャンルにもファン層がいる作家ですね。ちなみにどうして深見真かと言うと、複数のレーベルで活躍していて、コアな人気がありそうだと思ったからです。榊一郎日日日はもちろん、古橋秀之桑島由一でも良かったのですが、まあ、なんとなくです。
……うーん、いろいろ展開できそうな気がしますが、とりあえず投げてみます。

追記

 id:manameさんのはてなスター経由での指摘を受け、西尾維新がいたことに気づきました。うえで取り上げているのに最も数字を稼げそうな西尾維新を忘れるとは、なんたる体たらく……!