雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2007年文庫翻訳ミステリー・ベスト10発表

 講談社『IN・POCKET』の2007年11月号を買ってきました。
 目当ては「2007年文庫翻訳ミステリー・ベスト10」の結果発表でしたが、『空の境界』文庫化を記念しての奈須きのこ特集も14ページほど組まれていて、インタビューが充実していました。
 既読率は総合部門20作中1作でした。
 以下、ランキングのネタバレ。

総合ベスト10

順位 著者名 作品名
1 マイクル・コナリー 終結者たち
2 カール・ハイアセン 復讐はお好き?
3 プリーストリー 夜の来訪者
4 アン・クリーヴス 大鴉の啼く冬
5 エドワード・D・ホック サム・ホーソーンの事件簿5
6 パトリシア・コーンウェル 捜査官ガラーノ
7 トマス・H・クック 石のささやき
8 サラ・ウォーターズ 夜愁
9 ジャック・カーリイ デス・コレクターズ
10 D・M・ディヴァイン 悪魔はすぐそこに

 総合ベスト10、読者が選んだベスト10、作家が選んだベスト10、翻訳家評論家が選んだベスト10と計4種類のベスト10が掲載されていましたが、総合ベスト10だけ紹介すれば充分だろうと判断しました。

ランキング雑感

 お恥ずかしながら全然、分かりません。
 いかに自分が文庫翻訳……と言うか、海外ミステリを読んでいないかが分かりました。ただ、秋山が1位に推したシャーリイ・ジャックスン『ずっとお城で暮らしてる』が86点獲得で16位に入っていたのが嬉しかったです。読者の1位は5点に相当するので、これがなければ20位だったことになりますね。良かった良かった。
 来年はせめて読者に与えられている3つ枠を使い切りたいと思います。がんばります。