雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

黒史郎『獣王』

獣王 (幽BOOKS)

獣王 (幽BOOKS)

 幽ブックス、『幽』怪談文学賞受賞作家の第二作、黒史郎『獣王』を読みました。一作目が今ひとつだったためか、はてなではあまり読まれてないみたいですね。ミステリライクな仕掛けもあって、わりと楽しめたのですが。以下、感想抜粋。全文はこちら

 端的に言ってパワフルだった。狂気を取り扱った作品で、主人公がじょじょに狂気に飲み込まれてゆくのが分かるのだが、実に上手い。デビュー作は今ひとつ映えなかったような記憶があるのだが、素晴らしい成長ぶりと言えよう。