雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

冲方丁『スプライトシュピーゲル 2 Seven Angels Coming』

『ヴェロシティ』を終えて『シュピーゲル』に突入です。という訳で、冲方丁スプライトシュピーゲル 2 Seven Angels Coming』を読みました。話の大筋は『オイレン』の方で知っていたのですが、さりとて楽しめないということはなく、キャラクタやリンクしているところに注目して楽しむことができました。以下、感想抜粋。全文はこちら

 もうひとつのシリーズ『オイレンシュピーゲル』と同じ時系列の物語。ひとつの事件を表と裏の両方から見たような感じがした。秋山のように『オイレン』を先に読んだ読者ならば本書を事件の裏側と読み、本書を先に読んだ読者は『オイレン』の方をこそ、事件の裏側として読んだだろう。