雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

冲方丁『オイレンシュピーゲル 3 Blue Murder』

 これにしてシュピーゲルシリーズも既刊読破。という訳で、冲方丁オイレンシュピーゲル 3 Blue Murder』を読みました。以下、感想抜粋。全文はこちら

 後は白露。砂漠で延々と待機する彼は、なんとなく『ヴェロシティ』におけるクルツを彷彿とさせて「あ、いいなー」と思った。彼の活躍がもっと読みたい。そんな感じの3巻だった。