雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

小谷野敦『評論家入門 清貧でもいいから物書きになりたい人に』

「書評とはなんぞや」と考えていたときに勧められて読んだのですが、読み始めて気がつきました、これ評論に関する本じゃないですか。と言うわけで、小谷野敦『評論家入門 清貧でもいいから物書きになりたい人に』を読みました。まあ、面白かったです。議論に向かうときの心構えや、炎上したときの対処法などは至極尤もだと思いました。ただ、著者の性格が……。以下、感想抜粋。全文はこちら

 本書ではまず学術論文と一般的な意味での評論を、極めて明快に区別しており、両者に必要なものを丁寧に説明してくれている。この項は、普段の会話で論理的な会話を行うときや、ブログ上で何らかの主張を行うときにも通用する心構えを提示してくれていて、純粋に役立ったと思う。