雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

1月の読書メーター

読んだ本の数:20冊
読んだページ数:1964ページ


マンガ家さんとアシスタントさんと 3 (ヤングガンガンコミックス)マンガ家さんとアシスタントさんと 3 (ヤングガンガンコミックス)
抜群に面白い訳ではないので、2巻で切ろうかなとも思っていたけれど、コンビニにあって何となく買ってしまったところ、面白くて一気に読んでしまった。くだらないのだが、安定して面白いのは確か。
読了日:01月02日 著者:ヒロユキ
幽霊の2/3 (創元推理文庫)幽霊の2/3 (創元推理文庫)
幻の作品が復刊と言うことで、目新しさに引かれて読んでみたのだが、予想外に読みやすく、かつ面白くて驚嘆した。出版エージェント等は、あまり身近ではないけれど、作者と評論家、ファンや出版社の関係などは、面白く読めた。特に面白かったと感じた場面(ミステリ小説家を貶す場面や、評論家がデビュー作を駄目だしする場面)が共に解説で杉江松恋に触れられていたのには、ちょっと笑った。やはり、誰もがあそこに注目するか。
読了日:01月11日 著者:ヘレン・マクロイ
吉原手引草 (幻冬舎文庫)吉原手引草 (幻冬舎文庫)
吉原随一の花魁であった葛城が起こした事件とは? 葛城と関連した人物に、葛城のことを聞いて回る内に浮かび上がってくる真実とは。──これも、ひとつのハードボイルドなのかしらん。淡々と足を使って調査する捜査官の気分。前半は冗長で退屈だったけれど、やがて証言の中から見えてくる齟齬と「そもそも、葛城のことを聞いて回っているこの人物は、いったい何者なのか?」という謎に頭を悩ませられる。多分に技巧的で説明的、そこが苦痛でなければ面白かろう。
読了日:01月11日 著者:松井 今朝子
ストロボライトストロボライト
これは、胸がズキズキする漫画。高校生のときに読んでいたら、軽く凹みそうな。正直なところ、プリンのシーン以降の主人公は、ヘタレ過ぎて見ていられなかった。「ハードボイルドはきっついぜ・・・」まったくだ。
読了日:01月11日 著者:青山 景
散歩もの (扶桑社文庫 た 10-2)散歩もの (扶桑社文庫 た 10-2)
孤独のグルメコンビによる、散歩をテーマとした短編漫画。見知らぬ土地を目的なく歩き回るという優雅な時間の使い方が、観ていてたいへん微笑ましい。いちばん気に入ったのは、実は本編ではなく、あとがき。中野ブロードウェイの屋上にあるという空中庭園、行ってみたい!
読了日:01月11日 著者:谷口 ジロー,久住 昌之
数学ガール 上 (1) (MFコミックス フラッパーシリーズ)数学ガール 上 (1) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
全理系男子が求めているであろう文学少女ならぬ数学少女! なるほど、この理知的な眼差し、数学に耽溺するもの特有の冷淡さは心地よくもない。けど、終極的には、相容れないような気がしてならない。多分、水が、違う。
読了日:01月16日 著者:結城 浩
数学ガール 下 (MFコミックス フラッパーシリーズ)数学ガール 下 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了。結局、最後まで数学に関して、理解が深められたような気はしない。しかしながら、思っていた以上に奥深く、きっと追求しようとするならば、センスと、一生が費やされるかもと思ったり。でも、まあ、結局のところ、女の子ってふしぎ、というのが結論か。
読了日:01月16日 著者:原作/結城浩・作画/日坂水柯
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 1 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 1 (ヤングマガジンコミックス)
おわ、これは面白い。復讐に燃える七人の美女を仕立て上げる柳生十兵衛。タイトルの意味に気がついた瞬間、思わず吹いた。
読了日:01月16日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 2 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 2 (ヤングマガジンコミックス)
これは、ちょっと感動。てっきり、もっと時間が掛かるものかと思いきや、意外にさくさくと話が進みそうな予感。
読了日:01月16日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 3 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 3 (ヤングマガジンコミックス)
カバーの折り返しに書かれていた「お鳥、今夜は孫兵衛じゃ」の後のシーンが凄まじすぎる。直前のシーンまで、あんなに可愛かったお鳥が、一瞬で覚悟を決めて、復讐鬼となる様が、もう涙なしには見てられない。
読了日:01月16日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 4 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 4 (ヤングマガジンコミックス)
なんという緊迫感。最後まで読み進めて、まさかの急展開に愕然。何がどうなったの!?
読了日:01月16日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 5 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 5 (ヤングマガジンコミックス)
沢庵宗彭かっけえ! もはや、生き死にを越えた次元の御方であるなあ。
読了日:01月16日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 6 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 6 (ヤングマガジンコミックス)
御坊かっけえ! 前巻での感想も似たような感じだった記憶があるが、第6巻のそれは、第5巻のに遥かに勝る。これが仏の道を歩むものの境地か。
読了日:01月16日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 7 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 7 (ヤングマガジンコミックス)
久々の七人がちからを合わせての敵討ち。リアリティは薄いけれど、やっぱりこういう風の方が盛り上がる。それにしても、おゆらが怖い。
読了日:01月16日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 8 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 8 (ヤングマガジンコミックス)
おや、テンポが下がったような。夢山彦の引きも、前巻に続いて2回目だし。まあ、これからクライマックスということで待とう。
読了日:01月16日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 9 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 9 (ヤングマガジンコミックス)
急展開。何故か、全9巻と思い込んでいたので、ラストで驚いた。後、2巻もあるのかあ。
読了日:01月16日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎
ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
半額弁当を巡る熱すぎるバトル。読み始め、リアリティのなさに辟易もしたが、やがて慣れ始めると、過剰に演出されたアクションが面白くて仕方なくなってきた。
読了日:01月23日 著者:アサウラ
ベン・トー〈2〉ザンギ弁当295円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー〈2〉ザンギ弁当295円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
ちょっと方向性がブレたような。成長物語かと思いきや、組織間闘争物語のような。ちょっと期待と違っていたので、釈然としない。が、それなりに面白かったのも、やはり事実。3巻を読んでから考えるか。
読了日:01月24日 著者:アサウラ
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 10 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 10 (ヤングマガジンコミックス)
ピッチが悪い。展開がいかにも遅くて、誰も彼も効率的/効果的に行動していないように見えて、なんとなく不満が募っていく。しかし、おゆら乱心は予想外だった。まさか、こうも変貌するとは……。
読了日:01月31日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 11 (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 11 (ヤングマガジンコミックス)
読了。最後までテンポの悪さは否めなかったけれど、それでも駆け足に戻った終盤は、手に汗を握った。漆戸虹七郎との勝負や、追いかけてくる娘たち、別れの言葉などは特に良かったけれど、心残りがひとつ。それは、十兵衛を深く愛し、その初めての恋に殉じたひとりの女のこと。彼女が凄まじい勢いで放置され、著者は酷いなあと思っていたら、最後のコマで涙腺崩壊。良い作品だった。
読了日:01月31日 著者:せがわ まさき,山田 風太郎

読書メーター