雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

十文字青『ぷりるん。〜特殊相対性幸福論序説〜』

ぷりるん。~特殊相対性幸福論序説~ (一迅社文庫)

ぷりるん。~特殊相対性幸福論序説~ (一迅社文庫)

 半年ほど前に読み終えて感想を書いたのにアップしていませんでした十文字青『ぷりるん。〜特殊相対性幸福論序説〜』。以下、感想抜粋。全文はこちら

 面白かった。読んでいて、胸がざわざわするような、一言で言うと気持ちの悪い小説だった。けれども、心底、気持ちが悪くなるわけではなく、適度のエンターテインしていたので、それなりに楽しみながら読むことができた。