雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

大樹連司『勇者と探偵のゲーム』

勇者と探偵のゲーム (一迅社文庫)

勇者と探偵のゲーム (一迅社文庫)

 半年ほど前に読み終えて感想を書いたのにアップしていませんでした大樹連司『勇者と探偵のゲーム』。以下、感想抜粋。全文はこちら

 衒いとけれん味に満ち満ちた、無気力な青春小説。色々なライトノベルの元ネタを含みつつ、奔走する、前時代的な、つまり、ブギーポップ全盛期なライトノベル観が横行する、反ライトノベル