雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

池田朝佳『鍵開けキリエと封緘師(シギルムス)』

 表紙買いが成功するとは限らないの一例、池田朝佳『鍵開けキリエと封緘師(シギルムス)』。以下、感想抜粋。全文はこちら

 面白く読めたのは囚人大統領が登場するまでで、そこから先は、引きらしい引きはなく、惰性で物語が進んでしまったが故に、たいした盛り上がりもなく淡々と読み終えてしまった。