雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

川口士『星図詠のリーナ』

星図詠のリーナ (一迅社文庫)

星図詠のリーナ (一迅社文庫)

 半年ほど前に読んで感想書いたままアップしわすれてましたシリーズ、川口士星図詠のリーナ』。そう言えば、2巻も刊行されていましたね。以下、感想抜粋。全文はこちら

 よくあるファンタジー物のように、魔法をぶっ放したり、突然、何かの能力に目覚めるでもなく、淡々と積み上げた技量に応じて道の長さを計ったり、絵を描いたりして、物事を解決していくという地味さが、大変よろしい。