雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

『七歳美郁と虚構の王』は吸血鬼物か?

 今日も今日とて『PNOS』の手直しに励んでいる秋山です、こんばんは。
 最近はめっきり物理的に小説を持ち歩くということをしなくなり、主にiPhone電子書籍を読んでいます。基本となるもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』『死ねばいいのに』『適当日記』はもちろん既読、文春ウェブ文庫iPhone『死神の精度』武士道シックスティーンもダウンロード済みです。
 後は電子文庫パブリもいいですね。少々、操作性が特殊ですが、ガガガ文庫がけっこう網羅されているので、少し前の買い逃したガガガを読もうという気にしてくれます。
 と言うわけで『その日彼は死なずにすむか?』リバース・ブラッドという気になっていた作品を読み、さらに陸凡鳥『七歳美郁と虚構の王』を読んだのですが、これが激烈に面白かったです。

『七歳美郁と虚構の王』について

 秋山が本書を読もうとした理由は、どこかで本書が「吸血鬼物である」という記述を見かけたからです。
 吸血鬼に目がない……は言いすぎですが、比較的、好きなモチーフであるので、今回さくっとダウンロードして読んでみたのですが、ん、うーん。これ、確かに血を媒介とするシーンがあるので、広義の吸血物と言えなくもないですが、さすがに無理がありすぎるような気もします。
 そんなわけで「もう誰が本書をして吸血鬼物だと言ったんだ! でも、この作品を吸血鬼に結びつけるって、発想が豊かだなあ&よっぽどの吸血鬼好きなんだなあ&そんなひとの感想をもっと読みたい。それに、本書と出会うきっかけを作ってくれたひとにお礼を言いたい!」という気分なわけですが、グーグル先生に聞いてみても、とんと教えて貰えません。
 もし、ご存知の方がいらっしゃれば、こっそり教えてください or 名乗り上げて頂ければ大変幸いです。

七歳美郁と虚構の王 (ガガガ文庫)

七歳美郁と虚構の王 (ガガガ文庫)