雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

人狼BBS「荒ぶるバロサウルス村」終了

 ぜろさんに誘われて入った長期村は、バロサウルス神を崇める、ぁゃしぃ村でした。
 と言うわけで、ここ1週間ほど。久々に人狼BBSの長期村に参加していました*1。村の名前は荒ぶるバロサウルス村。バロサウルスとは、何だったのか……。
 初心者多めのゆるふわ村だったはずが、2日目くらいから颯爽とガチ村になっていて、厳しくもねこねこしい確定白のTEEJさんに追い立てられ、がーちゃんが覚醒したり、こるものさんがピラミッド水野だったり、オプさんに狩人を取られたり、ぜろさんとキャッキャウフフしたりしていました。
 15人村だったので、7日目が最終日となるはずですが、残念ながら狼を1匹しか吊ることが出来ず、途中で終了。大変、残念ではありましたけれど、終わった瞬間に、形容しがたいほど圧倒的な解放感に包まれて、何もかもを許したくなってしまうほど寛容な気分になったので、結論としては良い村であった。そういうことでしょう。
 印象的なのは墓下が盛り上がっていたこと。
 ある程度、人狼BBSに慣れてしまったひとばかりになると、処刑されたり、襲撃された瞬間にモチベーションが底を尽き、もはや村を覗くこともなく、さっさと次の村に行ってしまうこともありますが、今回は初心者も多かったからか、わいわいがやがやと青ログが白ログ以上に賑々しかったです。うむ、よいことです。
 希望の役職には就けず、むしろ苦手な役職を演じることになり、最終日には吊られてしまい、かつ敗北してしまいましたが、無念さはないですね。むしろ、このレベルの充実感が得られるのなら、明日にでも次の村に入りたいくらいです。やっぱり人狼BBSは良いですねー。3月頭には、また村を建てられるそうなので、楽しみです。ただ、次はさすがに共有者が欲しいですね。共有者がいなくて3狼1狂は、ちょいハードです。まあ、その分、日数が増えて、それはそれでハードなのですが……。

*1:ネタでない長期は、ちょうど4年ぶりくらいでした。