雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第44回ラ管連ボードゲーム部レポート

 今月も参加して参りました。
 気合が入りすぎて、開場の20分前に現地入りしてしまい、入り口前で膝を抱えながら「リッパーさんまだかなあ」と空を見上げたりしました*1

アセンション


 この日、プレイしたベストゲームは、間違いなく『アセンション』ですね。
 ドミニオンと同じくデッキ構築型ゲームなのですが、サプライが固定化されてなく、山札から引かれた6枚のカードが場に並びます。また、アクション回数や購入権といった概念がなく、手番の最中に好きなだけアクションでき、財宝や攻撃力を、好きなように分配することが可能です。
 高度に熟達したドミニオンマスターたちの宴では、サプライを見て、2-5スタートとなるか、3-4スタートなるかで、もう勝者が決まってしまうほどアブストラクトですが、アセンションでは、運の要素が強いので、まったくの初心者でもドミニオン上級者に勝利できそうです。唯一の懸念は圧縮ができるカードですかね。初手で圧縮できるカードを拾えたプレイヤは、がしがし手札が圧縮できるのに対し、拾えなかったプレイヤは、際限なく手札を膨らませることになるので、そこがしんどそうです。
 とまれ、ドミニオン以上に気軽にプレイできて、中二心をくすぐるカードの数々。素晴らしかったです。拡張のリリースも決定している様子ですし、楽しみです。

バティーク


 まつださんとバティーク!
 惨敗しました。

パンダだらけ


 バティークではさっくり負けましたが、パンダでは負けません。
 秋山の箸捌きは銀河一よ。

サバイブ!


 前々からプレイしたいなと思っていた名作のリメイクを、ことひとさんが購入されたので遊ばせて頂きました。
 沈みゆくアトランティスから船に乗って島に脱出し、得点を稼いだプレイヤが勝利というゲーム。事前に想像していたより遥かに攻撃的なゲームでした。攻撃の手段があり、攻撃できるときに他のプレイヤコマが近くにあれば、もう攻撃しない理由はないのです。情け容赦なくクジラで船を転覆させ、そこにサメをけしかけ、ときには海竜リヴァイアサンで船ごと食い荒らす。残虐非道のゲームでした。
 最初にコマを並べるとき、きっと船は2往復くらいは出来るだろうと考え、低ポイントのコマを外周に配置し、高ポイントのコマは内側に集めておいたのですが、予想外にアトランティスが早く沈んでしまったことと、後半になるにつれ攻撃が激化するため、1ポイント〜3ポイントのコマしか救出させることが出来ませんでした。
 先手必勝と相乗りが勝利の秘訣、ですかね。次回はイルカありのルールでプレイしてみたいですね。

王妃のネックレス


 ブルーノ・フェイドゥッティ祭りということで持参しました。
 変則的な競りゲー……と言えるのかしら? ターン毎に購入されなかったカードの価値が下落してゆき、効率的に宝石を買い集め、商人が場に現れたタイミングで効率よく売却していくゲームです。
 後半は国王に阻まれたりして、中々、振るわず、全売却Phaseにおいて、満遍なく売却に成功したあゆさんが勝利。このゲーム、どうも勝ち筋が見えません。

キング・アーサー


 5人でちょっと時間が余ったので、時間調整にプレイ。
 騎士カードを集めモンスターカードを倒し、モンスターカードを集め冒険カードを獲得していく、二段階のカード獲得ゲーム。分かりやすいシンプルなルールでありながら、絶妙にジレンマがあり、短時間でプレイできる良作だと思います。次回も持って行こうかな。

ミシシッピークイーン


 名作。リッパーさんにお誘い頂き、プレイする機会に恵まれました。
 ルールを聞き、何ターンかプレイしてから「これは、いかに競合を排除するかがポイントのゲームだな」と感じました。特に難しいのは、コマを船に乗せるタイミングですね。他のプレイヤを先に行かせ、コマを回収し、後から追い上げるか、先行して、コマを回収し、追いつかれない内にゴールするか。
 前者の方が安定したプレイスタイルな気はしましたが、なんとなく先行した方が、ゲームを支配できて面白いなあと感じ、さくさく速度を6にして、脇目も振らず先行。結果、3タイルほど引き離すことが出来たので「そろそろコマを回収するか」と思ったら、ひょんな偶然から、永山さんがコマを連続で入手し、追い上げる姿勢に入っていました。
 なんとかコマを乗せ、急いでゴールに向かったけれど結果は3位。独走作戦は、ちょっとリスキーに過ぎますね。

暗黒の金曜日


 フリーゼの株ゲー。
 ルールを聞いたときはさっぱりでしたが、何ターンか回して、ようやく安く買って、高く買うゲームであることが分かりました。
 先に言っておくと、面白いゲームですね。間違ったルールでやっていて、借金したプレイヤが、通常の5倍も返済という、やたら不利な状況だったのですが、それでも面白かったです。
 特に良いのは、銀を購入するタイミングでしょう。株を売り買いして、自分のお金を増やしていくのが基本的な姿勢になるのですが、ゲーム終了時に、いくらお金を持っていても、それは紙っぺらに過ぎず、最も多くの銀を持っているプレイヤがゲームに勝利するのです。
 銀の価格は、ゲームが進むごとに高騰していきます。早い段階で購入すれば、安く買えます。しかし、一度、銀を購入してしまうと、それは換金したりすることは出来ません。これが絶妙なジレンマを生んでいるのです。『ビール侯爵』にも似たような面がありますね。庭園を造ることがゲームの目的ですが、庭園自体は、お金を一銭ももたらしません。いかに収益を得られる体制を作り、一定の収入を得ながら、銀を安く買っていくか。
 正しいルールでリベンジしたいですね。

パンデミック

 前々からプレイしたいと思っていた協力ゲーム。
 拡張の役職カードを入れてプレイしたのですが、山札の作り方を間違えて、ゲーム開始数ターンでエピデミックカードが飛び出し、いきなり不利な状況に。その後、修正を図ろうと尽力したのですが、瞬く間に病原菌が蔓延していって、世界瞬殺。あっけなくゲームオーバーでした。
 なんとか上手く切り回している感じだったので、それだけにエピデミックが連鎖して、ゲームが終了したときはショックでした。これは絶対にリベンジしたいですね。銀河系最強として、このせかいは、ちゃんと救わなくてはならない。

ごきぶりポーカー


 時間調整に定番ゲーム。
 平和さんが圧倒的に弱くて大爆笑の巻でした。

クク


 時間調整に定番ゲーム。
 インディアンスタイルより通常スタイルの方が好き派です。

人狼


 たまにはリッパーさんに遊んでいただきたいとGMを志願したのですが、凡ミスを連発してしまいました。頭では分かっているつもりが、手の動きは変になってしまいますし、名前も間違えてしまいます。反省。
 途中で中止とし、安心のリッパーさんGMで2回目。写真の通り村人でした。リッパーさんが扇状に持って、そこから引くときは役職を引くことが多かったですが、回ってきたカードを取るといきなり村人になるふしぎ。
 内容はちょっと失念気味。前半がショックだったので、どうも忘却機構が働いてしまった様子。恋占えそらさんの動きが不可解だったり、恋ライカン麻由さんの動きが素晴らしかったけれど、恋的にはどうなのかな? だったりしたような気がします。

おわりに

 参考までに。
 今回、持参したのは『カルカソンヌ』『モンド』『倉庫の街』『キング・アーサー』『あやつり人形』『王妃のネックレス』『レッドノベンバーを救え』『パンダだらけ』『妖精奇譚』『パレード』『トゥ・メニィ・クックス』『ダビデゴリアテ』『トール』『ゲシェンク』『詐欺師』『藪の中』『クメル』。
 この内、稼働しなかったのは『倉庫の街』『レッドノベンバーを救え』『妖精奇譚』『パレード』『トゥ・メニィ・クックス』『ダビデゴリアテ』『トール』『ゲシェンク』『詐欺師』『藪の中』『クメル』かな。時間調整になるであろうとカードゲームを多めに持っていったのだけれど、インストするひと=秋山がいなければ、稼働するわけがないのであった。
 次回のラ管連ボドゲオフへは、ゲームマーケットの同人ゲー新作を中心に『カルカソンヌ』『レッドノベンバーを救え』他、カードゲームを幾つか持参予定。何か持ってきて欲しいものがあれば、仰ってくださいな。

*1:いえ、嘘です。会場は屋内でした。